出生数 5年ぶり増加

 厚生労働省は1月1日、2015年の人口動態統計の年間推計を発表しました。調査の結果、2015年の出生数は100万8000人で、2014年の100万3539人を上回ると推計し、5年ぶりに前年比増加となる見込です。ただし、死亡数は130万2000人で出生数から死亡数を差し引いた自然増減数は29万4000人減となり減少傾向が拡大する見込みです。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 出生数 5年ぶり増加

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.masterslink.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1102

コメントする